忍者ブログ

膚は硬帝都に来

「いや……ずいぶん可愛らしくなってしまったと思っただけだ。こんな一衛は見たことがない。」
「幼いころは、みんなこんな頭でしたよ。ご存知じゃありませんか。」
「みっともないことなどあるものか。どんな姿でも、一衛はいつも器量良しだ。かといって、か弱い女子のようではなく、野に咲く竜胆のように凛としている。」
「直さま……戦がなかったら、きっと直さ香港と中国ツアーまが一衛のただ一人の兄分でした。」

向けられた悲痛な瞳に、戸惑う。
これまで直正に何かをねだったことなど、一度も無い一衛だった。

「一衛は、前髪の幼い頃からずっと、直さまだけが好きでした。ですから、い……一度だけ……一衛を……。雪解けの頃の根雪のように、すっかりこの身は朽ちて汚れてしまいましたけれど、今もわたしを弟(おとと)のように愛しいと思っていてくださるなら……。」

ひたと、視線を据えた。
思いつめた瞳が雨に濡れた黒い碁石のように光る。
思わず手を伸ばして、深く抱く手に力を込めた。
強く抱いていないと、このまま儚い淡雪のように手のひらで溶けてしまいそうだ。

遠慮がちに口にする、すっかり線の細くなった一衛はて三年、19の若さで死期を悟っていた。
兄とも思う人に抱いてくれと俯いたまま消え入首爾自由行套票りそうな声で、初めて秘めた心の内を打ち明けた。
余り日の差さない雪深い国で生まれた一衛の肌は、死病を得て今や透き通るように白い。

「もう、何度も……後孔は使われてしまって、菊門の皮くなってしまいました。それでも一衛はできるなら、直さまに求めて欲しいのです。例え一度きりでもいいのです……」

直正は軽くなった一衛を抱く腕に、骨も折れよと力を込めた。

「悲しいことを言う。一衛はわたしの終の相手だ。一衛はずっとわたしだけのものだ。」

嗚咽が喉をついた。

「ああ……うれし……それをお聞きしただけで、一衛は一生分の良いことを、神仏に頂いた気がいたします。」
「馬鹿なことを。まだこれからじゃないか。島原屋には話をつける。もうお前にこんな格好をさせない。」

雪見障子から見える、鮮やかな紅葉が一衛のどこまでも白い肌に一枚舞い降りて映えた。
吹き込んだ一陣の風に、直正は思わず窓外に目台北自由行套票を向けた

「懐かしい色だ。この坪庭にある紅葉は、まるで会津の奥山のもののように色が濃いな。」
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/11)
(01/19)
(02/01)
(02/25)
(02/27)

P R