忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

膚は硬帝都に来

「いや……ずいぶん可愛らしくなってしまったと思っただけだ。こんな一衛は見たことがない。」
「幼いころは、みんなこんな頭でしたよ。ご存知じゃありませんか。」
「みっともないことなどあるものか。どんな姿でも、一衛はいつも器量良しだ。かといって、か弱い女子のようではなく、野に咲く竜胆のように凛としている。」
「直さま……戦がなかったら、きっと直さ香港と中国ツアーまが一衛のただ一人の兄分でした。」

向けられた悲痛な瞳に、戸惑う。
これまで直正に何かをねだったことなど、一度も無い一衛だった。

「一衛は、前髪の幼い頃からずっと、直さまだけが好きでした。ですから、い……一度だけ……一衛を……。雪解けの頃の根雪のように、すっかりこの身は朽ちて汚れてしまいましたけれど、今もわたしを弟(おとと)のように愛しいと思っていてくださるなら……。」

ひたと、視線を据えた。
思いつめた瞳が雨に濡れた黒い碁石のように光る。
思わず手を伸ばして、深く抱く手に力を込めた。
強く抱いていないと、このまま儚い淡雪のように手のひらで溶けてしまいそうだ。

遠慮がちに口にする、すっかり線の細くなった一衛はて三年、19の若さで死期を悟っていた。
兄とも思う人に抱いてくれと俯いたまま消え入りそうな声で、初めて秘めた心の内を打ち明けた。
余り日の差さない雪深い国で生まれた一衛の肌は、死病を得て今や透き通るように白い。

「もう、何度も……後孔は使われてしまって、菊門の皮くなってしまいました。それでも一衛はできるなら、直さまに求めて欲しいのです。例え一度きりでもいいのです……」

直正は軽くなった一衛を抱く腕に、骨も折れよと力を込めた。

「悲しいことを言う。一衛はわたしの終の相手だ。一衛はずっとわたしだけのものだ。」

嗚咽が喉をついた。

「ああ……うれし……それをお聞きしただけで、一衛は一生分の良いことを、神仏に頂いた気がいたします。」
「馬鹿なことを。まだこれからじゃないか。島原屋には話をつける。もうお前にこんな格好をさせない。」

雪見障子から見える、鮮やかな紅葉が一衛のどこまでも白い肌に一枚舞い降りて映えた。
吹き込んだ一陣の風に、直正は思わず窓外に目を向けた

「懐かしい色だ。この坪庭にある紅葉は、まるで会津の奥山のもののように色が濃いな。」
PR

用す感を感じる

床に置かれたダンボールの中に入ってる300冊の本をどこに置こうか、と僕は首を捻っていた。蝦名さんが僕の両頬を摘んで、上に引き上げる。

「???はなして、くだだい」

蝦名さんは笑いながら指を離した。

「痛いですよ」

「可愛い顔が台無しだよ?」


こういう行動って、三木店長も河崎店長も安利呃人やるんだよね。蝦名さんって、もしかして???。まさか、ね。


「じゃあ、この本、どこに並べればいいんですか?」

「そうだな????」

蝦名さんも首を捻る。本には番号が振ってある。出来るだけ番号順に、番号が離れないように考えて配置しないと、売り場がパニックになるらしい。
塩見店長は明るくて、学生には気軽に声を掛ける。店長に懐いている学生もいて、彼らはまるで親戚のお兄さんに話し掛けるかのように、「店長!お疲れ!」と声を掛けていく。

30代の塩見店長と20代の蝦名さんは、気が合うようでいつも軽い口調で話しをしている。2人はその延長で僕に話し掛けるから、僕も疎外事Amway傳銷無く、すんなりと売店の雰囲気に馴染んでしまった。

 春休み中は人も少なくて、売店は終日閑散としている。いつもなら賑わう昼食時も、大学の職員さんたちやクラブ活動に来ている学生が利るだけ。授業開始の鐘も鳴らないし、昼ご飯の時間もバラバラだから店が混雑する事はない。

 蝦名さんは新学期からの授業で使用する本を先生方から受注したり、それを発注するのが主な仕事だ。今は、4月からの販売に向けて準備で忙しい。その合間を縫って、春休み中は来ないアルバイトが担当している仕事もやっている。

新人の僕はそのフォローに回り、納品のチェックや品出しが主な仕事だ。時々、蝦名さんにくっ付いて学生課や先生方の研究室や非常勤講師室を回って挨拶したり、受注した本を届けたりもする。先生方に会う時は、蝦名さんはスーツに着替えてから行く。紺色のポケットがたくさん付いたエプロンを外して、パリッとしたスーツを着ると見違えた。

一瞬ポカンとしてしまった僕に、蝦名さんが言った。

「なに?カッコ良過ぎてビックリしたとか?」

「あっ???あの」

悔しいけど、そのとおりです。『S-five』ではイ安利傳銷ケメンに囲まれて麻痺していたけれど、蝦名さんの容姿は際立っている。学生の中にもイケメンはいるけれど、蝦名さんのような華のある人はそうそういないから、とにかく目立つのだ。

毛を逆けない鳥

我が家にいる2匹の先住猫は、1匹は(名前はうずらと言う)オスなのに、
一生懸命に子猫の世話をし、オッパイまで吸わせる見迪士尼美語評價上げたヤツなんですが、
もう1匹のメス(きなこ)の方が、フーフーハーハー怒りまくりで発狂寸前になる
困ったヤツなのです。

数年前のこの時期には息子が巣から落ちたコノハズク(フクロウみたいな鳥)の子どもを
拾ってきて、何を与えたらいいのかわからず獣医に聞きに行き、ミルワーム(ミミズみたいな
形の甲虫の幼虫)を与えろと言われたものでペットショップに買いに行きました。
このミルワーム、パックに入って売られてますが、オガクズの中で無数のミミズ状態のものが
うにょうにょ動いてる様は、さすがの虫好きの私でも勘弁してって感じです。しかもコイツは
甲虫の幼虫なので、冷蔵庫で保管しないとすぐに成虫になってしまうので、冷蔵庫の中にミル
ワームのパックがいくつも並ぶという恐ろしい光景になります…
なんとか育てて飼い主を見つけましたが(本当は飼ってはいらしいのですが、
人の手で育てると自然では生きていけないそうなので…)、
そんなこんなで、このシーズンは原っぱ迪士尼美語評價や川べりは絶対歩かないようにしているわけです。

なのに!!やっぱり今年も子猫を保護してしまい、(知り合いが拾って「何とかして~っ」
と渡された…)、今、トイレトレーニング格闘中です。
梅雨だしタオルは乾かないし、案の定 きなこは全身の立てて怒ってるし…。

世間ではこの不況で、飼えなくなって捨てられる動物が増えてるらしく、
殺処分される数も増えてると聞きます。
もの言えぬ立場の弱い動物たちを思うと胸が痛い。
拾ってる私だって極貧で赤字生活なのに頑張っているんだぞ!!
一旦飼ったなら最後まで頑張って面倒見てほしい。
ペットショップで高い血統書つきの子犬や猫を2匹飼うなら、
1匹は動物愛護センターへ行って、殺処分される犬や猫をもらって
1匹でも命を救ってほしい。
野菜が高騰、とニュースで言ってたわりに、近所のスーパーでは葉物が100円、
ジャガ芋5個入り120円、大玉トマトが20個 980円 (もちろん全部国産)、などなど、
もう落ち着いたのでしょうか…?
今は宮崎の口蹄疫で、牛肉が高騰とか、本当に農家にとっていいニュースはここ数十年
聞いた事がありません。まあ、極貧の我が家はバラ肉生活なのでブランド牛肉は関係ない
のですが、長年育て上げた牛を無念にも殺処分せねばならない農家の気持ちはたまらない
ものだと思います。本当に私達の食の将来は避孕方法大丈夫なんだろうか、と心配になってきますね…。
作る人がいてくれてこその「食」。
消費者主体の世の中になり、「作る人」の生活や背景などがおきざりにされているようにも
感じる昨今です。

こっち以外の電化に飛

ワンズはまずあお尻の臭いを嗅ぎあいますね。
一番右側に写っている「でんちゃん」はヘルニア手術後、歩けるようになるまで回復されたということです。

この後、入場されたワンコとハクがちょっといさかい(汗
ハクのお尻の臭いを他犬が嗅いでいる間、尾を振っDream beauty pro 脫毛ているので大丈夫と思っていたら「う~ぎゃん!」とちょっとつかみ合いの喧嘩になりかけ
その後、同じワンコにまた臭いをかがれている間は尾を振っているのですが、どちらの声か見ていても口は開いていないのですが、「う~」が聞こえてきて、またもや「う~ギャン」
飼い主のやり方が悪いのか、途中で飽きてきた凛太郎、ハクは遠くで吠えておりますし。
飼い主もハクが気になり、集中できかねていたことが凛太郎に伝わったのかもしれませんね。

毎週月曜日の生協の配達が、つい昨日のように思えるほどに早く、注文作業に追いまくられているような感じがしています。
もうすぐ9月、2016年もあと4ヶ月とちょっと。

いろいろとすることがあるから早く感じるのか、とりたててすることがなくても、年齢を重ねると早く感じるのかは不明ですが、とにかく早く感じます。

この時期、生協のパンレットに防災商品が並びます。
買い置きは少しはしていますが、リュックに詰め込んでいません。

かび臭くなった山用の大きなリュックがあるので、いざとなればそれでと思っていますが、いつも食べているワンズのご飯は防災用のがなく、かといっ迪士尼萬聖節て缶詰を買う気にもなれずといったところで、防災準備はザルみたいな感じです。
リュックと一緒に、防災用品を一揃え一緒に置いておくくらいは実行しておいた方がいいですね。
で、今回、車の窓ガラスを割る道具だけは買いました。
何故か、それが欲しかった。


さて、今度の台風、当初はその進路は、滋賀県も大きなマルの中にあったので、私は昨日のうちにオーニングを取り外しました。

準備が早すぎた?
進路が変わったようで、マルからは外れました。

けれども大雨洪水注意報と雷注意報が出ています。

ゴロゴロは聞こえませんが、今夜は寝る前に冷蔵庫製品の電源をコンセントから外しておこうと思っています。

備えあれば憂いなしですしね。

台風の進路にあたっておられる方もそうでない方も、日本中ほとんどの地域で警報の赤と注意報の黄色がついていますので、読者のみなさまもお気をつけ下さいませ。

なので、カーブスに入会する気持ちになっていました。

でも、やっぱり信じられん???。

で、家に帰って、検索しまくり、BMIを体重と身長で計算することはできても、体脂肪率までは計算できません。
「そうだ!体脂肪率が測れる体重計買おう!」と私の思考回路はびました(⌒▽⌒;)

今度は体脂肪が測れる体重計を検索しまくり、オムロンとTANITAで、出る数字が違うらしいということを知りました。
さぁ、どっち買おう~

安物に走るか、高価な体重計に走るか???

さんざん悩んで、タニタ インナースキャン デュアル周波数体組成計 RD-501SV 機種を決め、楽天とアマゾンで値段を見比べ、楽天で購入しました(珍しくアマゾンより安かった)。


ではまた

澎湖灣的故事

外公家的前面有幢房子,是外公的一位本家的居所,我們稱這家女主人為餘外婆。她家屋側有兩株桃樹,一根李樹,雖然都是早熟的品種,但沒一樣dermes 激光脫毛是正經成熟的,如果嘴饞硬要吃,一定有澀的味道通遍你全身。餘外婆家也有一外甥孫,年紀和我相仿,這時我們便一起玩爬樹,摘桃子,用瓦片打水漂。

可玩了多久,我們兄弟便借個由頭或為一件小事和他吵起事來,我們有兄弟三人,他只有一人,他當然占不了上風。但他膽子特大,從沒怕過我們三兄弟,他占不了上風便罵娘,我們兄弟就和他對罵,甚至還動手打起來,其實,這時我們兩家母親正在一起熱聊,她們平時很難見面,小時又是一塊長大的,我們吵架,他們便也不管,外婆卻怕我們打大,搖著那三寸金蓮走了過來,給我們說好話,給我們作調解。如今想來是覺得好笑的事。

不知是哪年的哪月,澎湖灣的人將那斬斷了牛頭和牛身連接起來,修了一條大堤,這條堤有幾百米長,十幾米高,在這條堤上開了條管道,管道實德金融 呃人前通牛頭,後通很遠很遠的地方,澎湖灣的人們再在牛頭上修了個抽水機埠,從湖中腹地開一條又長又深的壕溝進來,壕溝直達牛頭鼻子下方,抽水的管道直徑有一米,理論上講,應該可以灌溉兩千多畝農田。這樣一來,澎湖灣後山的農田以及附近十幾個生產小隊的農田都有了旱澇保收的保障,神牛真正開始喝洞庭湖的水了。

一九六九年,岳陽縣在寶塔河口子上攔腰修了一條十裏長堤,鎖住了濁浪排空的洞庭水,一九七零年,又從白泥湖至秀水橋這段廣闊的港汊裏縫中開了一條直線人工河,河岸修了又高又寬的河堤,濱湖兩岸從此消彌了水患,外婆的澎湖灣再也不會受到洪水的威脅了,並且還把過去那一馬平川的牧場全部開出來做良田,我幼時觀賞的外婆的澎湖灣長大dermes 激光脫毛水撈水把子的壯觀景象從此消失了,我也長大了,而且連續幾年一直在這一帶擔堤、防汛搶險,外婆的澎湖灣便漸漸地從我心靈上走遠了。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/11)
(01/19)
(02/01)
(02/25)
(02/27)

P R