忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

互聯網背景調查平臺知了背調助力首都職場誠信建設


  年7月13日,互聯網背景調查平臺知了背調CEO王玉參加HRoot在北京舉辦的人力資源技術與服務大會,並在會上發表“互聯網打造職場誠信2.0”主題演講。

清數,即是指已還清貸款。為回饋社會,回饋客戶,給新老客戶優惠,現在將面對所有新顧客以及已經在本公司已經完成清數的老顧客,推出新一輪的優惠,為廣大顧客提供年利率低至8%私人貸款,解決顧客的後顧之憂,力爭成為顧客幸福路上的守護者,讓顧客笑對人生的大磨小難。


  王玉表示,知了背調率先運用“互聯網+背景調查”技術,整合官方權威數據,在取得候選人授權後秒級返回真實履歷,大大提升了背景調查效率。互聯網背調大大降低了背景調查門檻,把背景調查對象從高管團隊擴展到全員背調,拉開了職場誠信2.0時代大幕資金流向
  作為首都,北京聚集了大量的央企、國企、政府和事業單位。這些單位不但承擔經濟職能,有些還要承擔一定的社會和公共服務職能,因此對每一個員工的素質和誠信要求更加嚴格。知了背調聯合中國職場誠信聯盟,正在積極與首都央企、國企等單位人力資源部門合作,為央企和國企提供雇前背景調查、員工職業信用檔案建設、企業誠信評估、職場失信黑名單共享等服務,全面助理首都職場誠信建設金融投資
  據悉,知了背調已經於今年6月在北京正式設立分支機構,以便為首都客戶提供更加優質服務。
原文地址:http://field.10jqka.com.cn/20170713/c599203177.shtml

PR

久坐辦公族怎樣預防頸椎病?


 


在美國,因為“工作中長期同一姿勢而導致某些身體異常”的人數比率已經達到流行病的傳播比率,而此類身體異常中,頸椎病、腕管綜合症、腰椎和尾椎問題占比最高。

美國職業安全與健康協會經過長期統計發現,RSI(Repetitive Strain Injury,重複性力損傷)之所以能很快變成一種流行病,是因為大多數電腦使用者未採用正確的坐姿,以及不科學的桌面設備擺放。因此,建議長期久坐辦公的上班族朋友們,理應在日常工作中注意以下兩點細節預防頸椎病。均衡飲食配合微量元素組合補充劑改善精子質素



正確的坐姿

前傾的姿勢使得頭部對頸椎的負擔過大,因此上班族應儘量採用微微向後傾,靠在座椅靠背上的姿勢進行工作,其間可穿插採用坐直的姿勢,但不可採用向前傾的姿勢進行工作。

杜絕低頭伏案工作,電腦螢幕擺放在平行或微低於視線的位置,特別是針對筆記本電腦的用戶,儘量墊高筆記本,以抬高顯示器,減少頸椎病的發病概率;同時外接臺式機鍵盤,減小筆記本抬高後對手腕的勞損,這樣也可獲得眼睛與螢幕間更大的間距,保護視力。男士不育和精子濃度有關

手臂自然下垂,放置在座椅扶手上,鍵盤過高或過低都容易導致肩頸肌肉疲勞。

桌面設備擺放

鼻子、鍵盤中線、顯示器中線位於一條直線上(見上圖中軸線),減少身體的扭曲。

鍵盤和滑鼠儘量放置在上圖中的“輕鬆操作區域”內;滑鼠與鍵盤在同一水平面,同時儘量靠近中軸線的位置,切勿擺放太遠。

在錄入文檔時,儘量採用檔夾,將文檔豎立固定在與顯示器的同一水平面上。

接電話時,用肩膀和頭部夾著電話的姿勢對頸肩肌肉的傷害都是很大的,如果工作中接聽電話的時間很多,可採用耳麥式電話。

工作中重複性力損傷看似可怕,但對於各種電腦健康傷害,其實只要及早注意,並進一步養成科學的工作習慣,這些傷害就很容易避免。能有效有哪些











を合わせ次



涙を拭いて毅然と六花は、先に立ち上がった。雪華花魁の覚悟を知った上は、もう迷いはなかった。
どんなことが起ころうとも、この綺麗な人がどれほど乱れても、きちんと動ぜずに自分は見届けようと思った。
大江戸で「油屋の若旦那」と二つ名で呼ばれていた異国の青年は、今、機上の人となりながら水滴の走る窓に額を付けた。もう二度とこの国に降り立つことはないだろう。
愛する人を残して一人国許に帰る、それだけのことが今はたまらなく悲しい。
自分の心中を察した天が、共に泣いている気がしていた。

「雪華……」

誰にも祝福されることの無い、報われぬ恋が終わりを告げる。
プライベートジェットのゆったりとした皮張りの椅子に、人払いをしたサクルは毛布を深く被り肩を震わせた。

これ程に人を愛したことはなかった。ただ一度、肌ただけの美しい男女郎の姿が、ひらひらと蝶のように長い袖を翻してまぶたの裏で揺れた。
「サクル。成人の披露目をしたくないと言ったそうだが?」

「あ、父上。今、お伺いするつもりでした。」

「王位継承権を持つそなたが、なぜ出席を拒む?王族に期王の宣言をし、祝賀の宴を開いて、臣下万民に広く知らせる手はずになっておったのだが……?」

サクルは父王に似た精悍な顔を向けると、人好きのする顔をふっとほころばせた。

「成人の日は、父上と静かに酒を酌み交わしたかったのです。わたしの好きなニホンコクでは、大人になった男子は成人したら、そうするものらしいですから。」

「お前のかぶれている、東洋のちっぽけな島国の話かな?」

「ええ。父上が子供の頃に、わたしにお話して下さったお伽噺のような国の話です。かの国では、成人の夜は父親と息子は互いに自ら酒を汲み、人生について長い間話をするそうですよ。」

「それが望みか?」

用済みい小さ


涼介は傍で見ていて、気が付いたことがある。
元々女を食い物にする輩は、女好きでどうしようもないか、打算か暴力で押さえつけると相場は決まっているが、月虹は違っていた。
傷ついた女を癒やすためなら、誰を敵にしようと、どんな嘘でも平気でつく。まるでどこかの国の処女のお姫さまに接するように、月虹は自分の女達蘇家興に恭しく慇懃に仕えて奉仕した。

「ねぇ、兄貴。言っちゃあれだけど、兄貴には雪ちゃんや実花ちゃんよりももっとボンキュッボンの綺麗な女が似合うんじゃないすかね。……他の奴等なんて、不器量な女なんてやり捨てだって、ひどい事言ってるやつもいるし。何であんなボンレスな女を連れてるんだろう、月虹さんってブス専なのかって……言われてます。」

「酷い言われようだな。おかしいか?だがなぁ、考えてみろよ、涼介。おれはヒモだぜ?食わして貰ってるのは、こっちの方だろ。ミスコンの優勝者よりも、おれには実花ちゃんの方が十倍別嬪に見えるんだ。涼介も覚えておきな。貰った情ってのは忘蘇家興れちまったら、人でなしになる。それにな、どんな女だって朝から晩までずっとお前が一番いい女だって言い続けて見ろよ。本当に、いい女になるから。」

「そんなもんすかねぇ。でも、おれには、そんな女いないしな~」

そういう涼介はどこかさびしげで、おしぼりを作って月虹の使の下肢を拭いながらも余所余所しい気がする。何を隠しているんだろうと、内心月虹は含んだが根掘り葉掘り聞くのはやめた。
勃ちあがって腹を打つ形の良い茎にそっと触れる、ガーゼのおしぼりの動きに涼介の思いが込められていた。ゆっくりと触れた指が、容をなぞるように動いていた。

「おめぇ、後始末上手くなったじゃねぇか。」

声を掛けられて、涼介はすん…と、鼻を鳴らした。
親父と呼ぶ高齢の組長と若頭、舎弟頭と舎弟の涼介しかいなな組の組長代行を担っているのは、この町では有名な話だった。
それなりにちっぽけな組を支えている自負もあった。
子組と呼ばれる月虹の小さな組は、シマも小さく組長は高齢で重要視されていない。潰されないためには、親組の元に月々かなりの額の上納金を修めなければならなかった。勿論、滞ればすぐにでも潰される。
組を解散すると行き場の無いものが出来たり、シマで営業する堅気の店に迷惑をかけるからと言って、組長は自分の目が黒いうちは看板を下ろすわけには尿道炎いかねぇと言い張った。
だから月虹は、数人の女を連れ囲い、ちっぽけなシマと呼ばれる領域で金を作った。月虹の店での売り上げも、そのほとんどは親組への上納金になる。

膚は硬帝都に来

「いや……ずいぶん可愛らしくなってしまったと思っただけだ。こんな一衛は見たことがない。」
「幼いころは、みんなこんな頭でしたよ。ご存知じゃありませんか。」
「みっともないことなどあるものか。どんな姿でも、一衛はいつも器量良しだ。かといって、か弱い女子のようではなく、野に咲く竜胆のように凛としている。」
「直さま……戦がなかったら、きっと直さ香港と中国ツアーまが一衛のただ一人の兄分でした。」

向けられた悲痛な瞳に、戸惑う。
これまで直正に何かをねだったことなど、一度も無い一衛だった。

「一衛は、前髪の幼い頃からずっと、直さまだけが好きでした。ですから、い……一度だけ……一衛を……。雪解けの頃の根雪のように、すっかりこの身は朽ちて汚れてしまいましたけれど、今もわたしを弟(おとと)のように愛しいと思っていてくださるなら……。」

ひたと、視線を据えた。
思いつめた瞳が雨に濡れた黒い碁石のように光る。
思わず手を伸ばして、深く抱く手に力を込めた。
強く抱いていないと、このまま儚い淡雪のように手のひらで溶けてしまいそうだ。

遠慮がちに口にする、すっかり線の細くなった一衛はて三年、19の若さで死期を悟っていた。
兄とも思う人に抱いてくれと俯いたまま消え入りそうな声で、初めて秘めた心の内を打ち明けた。
余り日の差さない雪深い国で生まれた一衛の肌は、死病を得て今や透き通るように白い。

「もう、何度も……後孔は使われてしまって、菊門の皮くなってしまいました。それでも一衛はできるなら、直さまに求めて欲しいのです。例え一度きりでもいいのです……」

直正は軽くなった一衛を抱く腕に、骨も折れよと力を込めた。

「悲しいことを言う。一衛はわたしの終の相手だ。一衛はずっとわたしだけのものだ。」

嗚咽が喉をついた。

「ああ……うれし……それをお聞きしただけで、一衛は一生分の良いことを、神仏に頂いた気がいたします。」
「馬鹿なことを。まだこれからじゃないか。島原屋には話をつける。もうお前にこんな格好をさせない。」

雪見障子から見える、鮮やかな紅葉が一衛のどこまでも白い肌に一枚舞い降りて映えた。
吹き込んだ一陣の風に、直正は思わず窓外に目を向けた

「懐かしい色だ。この坪庭にある紅葉は、まるで会津の奥山のもののように色が濃いな。」

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/11)
(01/19)
(02/01)
(02/25)
(02/27)

P R